基礎工事

その武骨なイメージの通り、頑丈な造りが自慢のコンテナハウスですが、躯体自体がいくら堅固に出来ていても、建物の使命である私達の生命や財産を守るという役割を果たすために大切なものがあります。それは、基礎です。しっかりとした基礎があってこそ、コンテナハウスも、その能力を十分に発揮することが出来ます。今回は、そんなコンテナハウスの基礎について見ていきます。

目次

〇コンテナハウスにも基礎が必要?

 コンテハウスについて、運んできて置いておくだけというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。確かに海上輸送用のコンテナは、そういった扱いがされますが、建築物であるコンテナハウスの場合はそうではありません。鉄筋が入ったコンクリートのしっかりとした基礎に緊結されてこそ、安全性が確保されるのです。勿論、建築基準法に適合し、合法な建築物とするためにも必要なものです。つまり、基礎工事をしっかりとしたものでなければ安全性の担保が出来ない、そして違法なものとなるということです。

〇コンテナハウスの基礎の種類は?その特徴は?

 コンテナハウスにも基礎が必要だということについて説明させていただきましたが、基礎にはどのような種類があるのでしょうか。大きく分けて、2種類の基礎があります。1つは布基礎、そしてもう1つがベタ基礎です。

 ・布基礎

  布基礎とは、逆T字型の鉄筋コンクリート造の土台のことを言います。ベタ基礎との違いは、T字型の土台部分以外は、基本的には地面がむき出しだということです。そのため、湿気や白蟻による被害が出る可能性があるのですが、それを防ぐため、防湿シートを敷いて、その上からコンクリートを打設するといった防湿処理等を施すことが多くなります。

 ・ベタ基礎

  ベタ基礎は、建物の下に当たる部分の全面に鉄筋を組んだ上でコンクリートを打設した基礎のことを言います。地面がむき出しになっていないため、白蟻は勿論、湿気が上がってくるのも防いでくれます。また、建物の荷重を基礎全体で受け止めるため、安定性にも優れています。

また、布基礎とベタ基礎を較べると、コストについては、コンクリートの打設面積が少ない分、布基礎の方が安くすみそうですが、布基礎で防湿処理等をした場合、ベタ基礎の方が安くなる場合もあります。そして、大切な強度については、ベタ基礎の方が優れていると言えます。

〇コンテナハウスの基礎の選び方は?

 コンナハウスに用いられる代表的な基礎について紹介してきましたが、コンテナハウスは重量鉄骨造並みに重量があるため、強度に優れるベタ基礎を採用するのが基本的な考え方です。しかし、敷地に高低差がある場合等、高さの調整をしなければいけない場合は、布基礎の方が低コストですむ可能性もありますから、状況に応じた基礎を選ぶ必要があります。

今回は、コンテナハウスの基礎について見て来ました。頑丈なコンテナハウスも、基礎が

しっかりとしていなければ、性能を発揮することができませんし、災害等があれば建物や

家財は勿論、人命にかかわってきます。

私達、BeatCapsuleが目指しているのは、コンテナハウスの良さを知ってもらい、コンテ

ナハウスを普及させることだけではありません。安全安心なコンテハウスで末永く穏やか

な時間を過ごしていただくことです。コンテナハウスに興味をお持ちの方は、是非、私達、

BeatCapsuleご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる